メタル技術科
HOME学科案内 > メタル技術科|在校生・修了生インタビュー
学科案内
資料請求・お問い合わせイベントカレンダーキャンパスライフ募集要項

スキルアップセミナー委託職業訓練

前橋産業技術専門校はこちら太田産業技術専門校はこちら
メタル技術科
  • メタル技術科の特長
  • 実習内容・資格・就職
  • 在校生・修了生インタビュー

在校生へのインタビュー
メタル技術科 2年 三ツ木 洋介 さん メタル技術科 2年
三ツ木 洋介 さん --- 「難しい資格試験もみんなの協力で
 頑張る事ができました!」


高校ではひたすら部活動をしていました。熱意ある顧問の先生の元、本当、頑張っていました!そこで、仲間の大切さを学び、同じ目標に向かって行く素晴らしさを噛み締める毎日でした。そんな自分が、この高崎産業技術専門校に入校しようと思ったのは、資格を多く取得できるところと、実習の時間がきちんとたくさんあるところに魅力を感じたからです。

メタル技術科 2年 三ツ木 洋介 さん産技専で学んでいて良かったと思うのは、難しい資格試験に合格できたときです。先生方やクラスメイトの協力もあって、勉強や実技の練習も頑張れました。クラスはみんな仲が良く、実習でわからないことなどがあるときや、協同作業があるときは、協力しながらできる雰囲気があります。
将来は、協力して何かを作り上げる仕事に携われたらいいな、と思っています。ここで学んだ協調性や協力して仕事を行なう喜びを活かしていきたいです。
入校を考えている方がいたら、ぜひ見学に来てください。何より資格をたくさん取れれば、就職の幅も広がります。ここは就職に強い資格が取得できる場所ですよ。
ページの先頭へ 修了生へのインタビュー
平成22年度修了生 株式会社上備製作所 堀口 智之 さん 平成22年度修了生
株式会社上備製作所

堀口 智之 さん --- 「産技専で学んだ事は、
 今も自分の中に生きています。」


就職してから、圧力容器や高圧ガス用容器など様々なタンクなどの溶接をしています。製品製作をやり終え、検査を通り、納期までに間に合わせたときなどは特にやりがいを感じます。毎日大変なこともありますが、日々勉強しながら、仕事を通して色々なことを学びスキルアップしていきたいと思っています。
高崎産業技術専門校で学んだことは基本中の基本ですが、仕事をやる上で大切なことであり、それらは今の自分の中に生きていると思います。基礎はどんな仕事でも一番の土台になる部分なので…。
産技専の思い出と言えば、技能五輪全国大会に出場できたことです。練習は大変だったけれど、貴重な経験が出来ましたし、自分の知識や技能を高める上でも出場は自分の中で大きな成長をもたらしてくれたことだと思います。 みなさん、産技専では色々なことを学べて、たくさんの資格も取得でき、腕を磨くことが出来ます。ぜひ入校を考えてみてください。

上司のコメント
株式会社上備製作所 小山田 勇夫 さん弊社は、貯槽、圧力容器等の化学機械、鉄骨構造物、一般産業機械の製作から、土木、建築、据付、配管、電気設備など化学プラントの設計、製作、施工までを一貫して行っているエンジニアリング会社です。
長年専門校の生徒を採用している経緯ですが、メタル技術科では当社の作業である製缶、溶接の教育を主に行ってくれる為、実際の製品製作までの教育機関が短縮できるからです。
堀口さんは、平成23年に入社し3年半経ちます。入社当時は先輩の指導を受け作業を行っていましたが、履歴書に「専門校で2年間溶接技術を学びものづくりに興味を持ちました。学んだ技術を生かせると思い希望しました」と書かれていたとおり、徐々に仕事を任され昨年の終わり頃には現場での作業を一人でも出来るまでに成長しています。
勤務態度も良く、積極性に溶接技術コンクールにも出場し溶接の腕を磨いています。
現在の仕事は主に溶接作業ですが、現場での溶接作業が出来る技術の習得に努めてもらい、将来は溶接だけでなく製缶、溶接と一貫した製品作りが出来るように期待しています。
産業技術専門校は入社までに各種資格を取得してくれるので助かります。今後も知識、技術を身に付けた、即戦力になる有能な人材を育てていただきたいです。
上司のコメント
ページの先頭へ